ギリシア神話読書会、第2回から絶賛参加中のひろみです🤗(初回は欠席スイマセン)


さて、読書会でも言ったのですが、私がこれに参加し始めたのは、もともとお芝居でギリシャ悲劇を観ることが多かったからです。

ギリシャ悲劇は、ギリシア神話を題材にして書かれた戯曲で、最も有名な悲劇詩人はアイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス。ギリシア神話がもとなので、もちろん神話でお馴染みの神々の名やギリシャの地名があちこちに出てきます。


私は、とにかく演出家の蜷川幸雄さんの舞台が好きで、ギリシャ悲劇だけでなくシェイクスピア劇も現代劇も、ぜんぶ蜷川さんの舞台がきっかけでたくさん知識をもらいました。

舞台って本当にナマモノだなぁと思うので、蜷川さん亡き今、なかなかその舞台の片鱗を味わうことは難しくなってしまいましたが、ギリシア神話に興味がある方にはきっと面白く観てもらえると思うので、何本かご紹介します。


★『オイディプス王』出演:野村萬斎、麻実れい 音楽:東儀秀樹

あらすじ:古代ギリシャ・コリントスの王子オイディプスは「父を殺し、母と姦通するであろう」という恐ろしい予言を避けるために放浪の旅に出る。やがて他国で王となり、妻を迎え幸せな日々を送るが、神アポロンの神託により悲劇的な運命が明らかにされていく…。


ひとはどんなに足掻いても運命からは逃れられないのか?神託ってなんなのよ?!😱
…と深く考えさせられる一作。
当時シアターコクーンで観ましたが、萬斎の鬼気迫る演技と演出が神々しく、衝撃的なラストに鳥肌が止まらなかったです。

その後、本場アテネの野外円形劇場でも上演されました。

YouTubeでは映像が見つからなかったのですが、ぜひDVDを買ってでも観てほしい作品。


★『王女メディア』出演:平幹二朗 衣装:辻村ジュサブロー
あらすじ:王女メディアは夫イアソンと共にコリントスで暮らしていた。だが、コリントス王の望みにより、夫イアソンは妻と子どもたちを捨て、王の娘との結婚を決めてしまう。さらにメディアには、王から国外追放の命令が下る。怒りと悲しみに暮れるメディアは夫とクレオン父娘への壮絶な復讐劇を始める…。

(ダイジェスト)



復讐のため自分の幼い息子二人をも手にかけるメディアは、子殺しの鬼母として語られることが多いです。しかし蜷川版では、平幹二朗演じるメディアの苦しみ・嘆きが全面に押し出されていて胸に迫ります。

男性が演じるメディアでもあり、人形作家の辻村ジュサブローが手がけた豪華絢爛な衣装も見どころの伝説的な作品。

★2005年に新しく上演された大竹しのぶ主演版の『メディア』も、より女の業が生々しく素晴らしかったです。


このほかにも、蜷川さんといえば10本のギリシャ悲劇を集めて10時間上演された(!)『グリークス』、


多民族出演で戦争の愚かさを描いた『トロイアの女たち』



またしてもアポロンの神託から巻き起こる物語、藤原竜也主演の『オレステス』

唯一?ネットでレンタルできる!

 


…などなど挙げていたらかなり長文になりましたが、ギリシア神話のお供に、少しでもギリシャ悲劇の世界を垣間見ていただけたら幸いです🌟