二村組の『これはただの夏』の読書会に参加しました。

『これはただの夏』は、とてもいい小説でした。ああ、こんな風に人と人との距離感が描かれていくなんて。私のそんな読後感は読書会で、より強くなりました。

『これはただの夏』には、人と人との微妙な距離の感覚が描かれているように思います。その感覚は、私たちが「今」という世界に生きているからこそのものかもしれません。それはとても微妙です。もしかしたら、消えていく今という時代の感覚かもしれません。

それは、確かに私たちが普段生活をしているすぐ隣にあるのですが、微妙で、すぐに消えてしまうのです。伝えたくてもうまくできません。

『これはただの夏』は不思議な小説だと思いました。もしかしたら『可能世界としての、これはただの夏』かもしれない。大量のカードを並べたように、微妙に異なるすべての可能世界が並列に存在している世界。そんなことを感じさせてくれる小説に、私は出会ったことがありません。

たとえばある世界では、明菜はストローを噛んでいる。別の世界では、明菜はストローに空気を吹き込んでぶくぶくと音をさせている。また別の世界では、ただ窓の外を見つめている。雨も降っている。

どのカードのどの世界を引いても、それは確かにそこに存在します。そしてその中のひとつが、作者によってここに掬い取られている。そんな気持ちです。

大関とホクト。明菜と優香。年齢と時間と場所と立場を変えてボクは出会っているのかもしれません。スナックの二階でゼビウスをしていたボクとホクトは、もしかしたら妙にカラオケの上手い大関のカラオケを聞いていたかもしれません。その場所は私が総務の堀田さんと行った岩手県奥州市水沢の雪の日のスナック「めぐり逢い」かもしれません。
83268227_10220859195169094_1845000822308470784_n.jpg 38.27 KB
---
そういえば、『これはただの夏』の目次は対話の問いのようです。

「お姫様がお城の中で雨を眺めていた。そんなことを思った瞬間がありますか?」
「食べ方で人を好きになったことはありますか?」
「相手のすべてを知れば、あなたは幸せになれますか?」
「人魚はどんなところに暮らしていると思いますか?その恋が消えるとき泡になると思いますか?」
「止めようもないほどはしゃいでしまう子どもとの時間を過ごしたことはありますか?」
「握ってもらった本当に美味しいおにぎりを食べたことがありますか?」
「あなたはあなたを愛しすぎていませんか?」
「誕生日に誰かと何かを食べることって特別ですか?」
「なぜ夏の思い出は大切だと思えるのでしょう?」
「これは家族の物語ですか?」


問いへの答えがほしいわけではありません。問いは忙しさの中で忘れてしまったことをふと思い出させてくれるきっかけの感覚かもしれません。

それが私がこの小説を好きだと思う理由です。

---
ああ、そうだ。ちなみに私もマックでフライドポテトはトレーに広げる派です。